あの人はこんな方

今話題の著名人・タレントの画像、動画を掲載中
仲間達の話題
タブをクリックで話題を選べます
Loading


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング Bsブログランキング


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

深海魚 デメニギスの世界初画像公開 水深700メートル 

水深約700メートルで泳ぐ深海魚デメニギスを撮影した世界初の画像を、米モントレー湾水族館研究所(カリフォルニア州)が公開した。目を保護するため透明なヘルメットのようなものをかぶっており、頭が透けているように見える。近縁種のニギスとはかけ離れた姿で専門家も驚いている。

 デメニギスは北太平洋の亜寒帯から温帯域のベーリング海、日本、カリフォルニア沖にかけ、水深500~1000メートルに生息。体の構造が脆弱(ぜいじゃく)で、網で捕っても引き揚げる途中で形が崩れるため、実際にどんな姿をしているか謎だった。

 研究チームは04年、モントレー湾の水深616~770メートルで計3匹のデメニギスを撮影し、うち1匹を捕獲した。全長約11センチ。真っ暗な深海でわずかな光をとらえるため、目は円筒状になっており、一番上の緑の球状部分がレンズ。目は固定されていると考えられていたが、観察の結果、餌を探すときは上向き、食べるときには前方に回転することが分かった。

 最大の特徴は目を覆うゼラチン状のヘルメット型の部分。中は液体で満たされており、餌となるクラゲの触手の毒から、目を守っていると考えられるという。【足立旬子】

 宮正樹・千葉県立中央博物館上席研究員(分子進化系統学)の話 日本近海でよくみられる近縁種のニギスは普通の形をしている。深海では想像を超えた生物が進化し、生き延びていることに改めて驚かされた。

 動画は、同研究所のホームページ(http://www.mbari.org)に掲載されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000008-maip-soci


デメニギス 画像
デメニギス 画像
デメニギス 画像
デメニギス 画像
デメニギス 画像




人気ブログランキング Bsブログランキング


スポンサーサイト

おしゃべりクソ野郎…再ブレーク有吉の“毒舌命名” 

おしゃべりクソ野郎…再ブレーク有吉の“毒舌命名”

最初はヒットに恵まれながらも、すぐ落ち目になっていく「一発屋」が芸能界にはゴロゴロいるが、中には返り咲く人もいる。最近の代表格は何といっても、お笑いタレント、有吉弘行だろう。

 コンビ・猿岩石として、1996年に日本テレビ「進め! 電波少年」のヒッチハイク旅行でブレークしたが、まもなく人気は急降下。2004年に、ひっそりとコンビは解散した。

その有吉がピン芸人として再ブレークした大きな要因が、人にあだ名を命名する毒舌芸だ。

 いくつか例を紹介すると、先輩・さまぁ~ずの大竹一樹は「変態エロめがね」、三村マサカズは「ポンコツ人間」、評論家・宮崎哲弥氏は「インテリ原始人」、経済アナリスト・森永卓郎氏は「ケチタヌキ」-。

 相手が女性でも容赦なく、ベッキーは「元気の押し売り」、南海キャンディーズ・しずちゃんは「モンスターバージン」といった具合だ。

 その有吉が28日放送のTBS系「ザ・イロモネア」(土曜午後6時55分)の企画「グルモネア」に挑む。

 ステージに用意されたターンテーブルの上を回転寿司のように流れてくる物や人をネタに、挑戦者の芸人らが瞬時に笑いに変えるという内容。観客100人から無作為で選ばれた5人の審査員のうち3人を1stから4thチャレンジまでは最低3人、ラストチャレンジで全員を笑わせれば賞金獲得、というルールで行われる。

 「オヤジギャグ」「インタビュー」など5つのジャンルの中で、有吉が選んだのはもちろん「ニックネーム」。次々と現れる素人エキストラに、どんな傑作のあだ名をつけていくのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000018-ykf-ent



有吉弘行がつけたあだ名集
有吉弘行がつけたあだ名集
有吉弘行がつけたあだ名集
有吉弘行がつけたあだ名集
有吉弘行がつけたあだ名集



あだ名の命名

現在では有吉の代名詞とも言える「あだ名の命名」であるが、「アメトーーク!」2007年8月23日放送回において、有吉が品川祐に対して、「人の話題に乗って笑いを取る」「自分の知っている知識を人に話さずにいられない」という芸風を揶揄して『おしゃべりクソ野郎』通称『おしゃクソ』というあだ名を命名し、この一連の流れが笑いを誘った。その後、他番組でも「有吉が品川のことを『おしゃべりクソ野郎』と呼んだ」というエピソードが多く語られるなど次第に反響は大きくなり、ついには2008年3月13日放送の同番組で、この「おしゃべりクソ野郎」が、アメトーーク年間流行語大賞に選ばれた。 有吉自身は「皆さんの気持ちを代弁しただけです」と語った。 この「おしゃべりクソ野郎」は芸人仲間、特に先輩芸人からも高い評価を受けている。 関根勤:「素晴らしい!これ最高だよね」 ケンドーコバヤシ:「ぴったり!」 設楽統:「あの発言が有吉の再ブレイクのターニングポイント」 千原ジュニア:「アイツはホンマにおしゃべりクソ野郎なんすよ!100点やなぁ!!」

有吉のあだ名の命名は、再ブレークの大きな要因になり、「特に、タレントにあだ名をつけるのが天才的にうまい」「『クソ』、『野郎』が多いのが目につきますが、毒の含み具合が絶妙。」(芸能ライター)[4]、「有吉君の瞬時に、色んなあだ名を付けるっていうのは、すごい芸」(伊集院光)[5] 「あだ名芸人として活躍の場を広げている」(TV LIFE編集部)[6]と、内外から評価され、有吉のあだ名の命名は「芸」であるとの評価がなされている。

品川は「おしゃべりクソ野郎」のあだ名について「有吉さんと一緒だとまた『クソ野郎』と言われそうで怖くて喋れなくなる[7]」「この名前がついてから、アメトーークにアウェーを感じるようになった[8]」「テレビで有吉さんを見るたびにビクッとするようになった[9]」などとテレビ番組では否定的に語っている。2008年2月28日付の品川のブログでは「有吉さんと『仲悪いんですか?』とか言う奴がいる。めんどくせぇ。本番中に悪口言われるのは、ありがたいんだよ。」と語っており、テレビ的な演出と言える。「爆笑問題の検索ちゃん」など他番組で共演した際は品川が有吉に「有吉さん、この人にあだ名つけてくださいよ」と振ることもある。有吉自身は品川について「雛壇などでしゃしゃり出てきて大きな声を出し、カメラを独占するところが鼻につく」と言うものの、「嫌いではないし普通に仲は良い」との事である[10]。アメトーークの演出兼プロデューサー加地倫三に対して「(テレビにたくさん出れるようしてくれた)加地さんと雨さん(雨上がり決死隊)と品川に感謝です」という感謝のメールを送っている[11]。

その他、多くの芸人やタレントに対して毒を含んだあだ名をつけている。例えば、ネット配信番組『内村さまぁ~ず』で2007年12月1日に配信された有吉フィーチャー企画「有吉の単独ライブを成功させよう」内の「即興ダジャレ大喜利」コーナーで、内村光良からの「得意だよね」とのフリを受けて「はい、(内村さんは)白メガネです」と即答。続けて大竹一樹を「変態エロめがね」、三村マサカズを「ポンコツ人間」とメインMC3人を秒殺、会場は大爆笑に包まれた。他にも上島竜兵に『豚の死骸』、肥後克広に『絞りカス』など。有吉の弁としては「世間一般の視聴者が持ってるイメージをお前らに教えてやってるだけ」とのことである[12]。一方で本音として「あだ名の命名は、お笑いとしての査定をされているようで嫌だ」と語っていたり、品川に対する「おしゃべりクソ野郎」がたまたまウケただけで、もともとあだ名を付けるセンスはないと自己分析している[13]。あだ名を付けることが定番と化してきた有吉だが、「最近中身もねぇ空っぽの連中からあだ名を頼まれて嫌になる」とも述べている[14]。

あだ名には、ワッキーの『クソスベリ芸人』、庄司智春の『筋肉クソバカ野郎』など、「クソ」や「野郎」が多いのが特徴。前者については「嫌いな相手に使う」とのこと[9]。ただし「有吉は周囲の人間の大半が嫌い」と雨上がり決死隊の宮迫に突っ込まれた。 その他にも「笑っていいとも!」の司会者であるタモリに対し、『昼メガネ』と命名したこともあった。

「日経エンタテインメント」2008年12月号によると、本人が一番気に入っているのはしずちゃんにつけた「モンスターヴァージン」(相方の山ちゃんに命名したあだ名は『汁男優』)との事である。

アメトークでの収録中、ベッキーに対して「元気の押し売り」というあだ名で爆笑を誘った。ベッキーは「もう帰りたい!」と本気で凹んでいた(それで爆笑した客席に対して、「笑ってるってことはそう思ってるんでしょ!?」とキレた)。[15]。 同じ収録中にいた関根勤も「説明ジジイ」と名付けられ関根自身は爆笑して気に入っていた。

有吉自身は小島よしおから「辛口クソ野郎、(略して)辛クソ兄さん」などと名付けられている[16]。

日本テレビの太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中では平沢勝栄に対して「エロカマキリ」、山本一太に対して「ハッタリ君」、宮崎哲弥に対して「インテリ原始人」、金美齢に対して「シルバーウルフ」、森永卓郎に対して「ケチタヌキ」、竹本直一に対して「なんだお前は」、早坂実に対して「ホステス殺し」、と命名した。同局で猿岩石時代にブレイクしたきっかけとなった『電波少年』のT部長こと土屋敏男に対しては「出たがり豚野郎」と命名した。

同じく日本テレビの秘密のケンミンSHOWにゲスト出演した際には、司会のみのもんたに対し「油トカゲ」と命名したが、同じ回にゲスト出演していた北島三郎のあだ名を付けるよう他のゲストから促された時には「さすがにそれはちょっと無理」と尻込みしていた。

サンデージャポンでユリーカにバイリンブスとあだ名をつける。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)



“毒舌芸人”有吉弘行、山崎邦正に付けたあだ名は「実力不足」

人気お笑いコンビ・雨上がり決死隊が19日(木)、東京・六本木のテレビ朝日で冠番組『アメトーーク』のDVD完成披露発表会を開いた。会見には、番組の準レギュラーといもえる出川哲朗、ケンドーコバヤシ、有吉弘行ら人気芸人が集結するなか、サプライズとして番組初期にレギュラー出演していた山崎邦正が、セクシーランジェリーを身にまとい“邦正・オブ・ジョイトイ”として乱入。踊りながら「先輩の~スベルとこ~見てみてよ~♪」と歌う山崎に対し、“毒舌あだ名芸人”として再ブレイク中の有吉は「実力不足!」と命名し、山崎をぼう然自失とさせた。

03年4月、深夜0時台の30分枠で『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!』としてスタートし、06年10月に深夜23時台に昇格。芸人たちの趣味、嗜好、共通点をディープに語り、そのマニアックさから“業界視聴率No.1”ともいわれている人気番組。会見にはDVDに収録された人気企画の代表として各芸人がプラカードを持って入場した。

 昨今の“家電ブーム”の火付け役となった『家電芸人』の代表として登場した品川祐は「この企画のお陰で家電の仕事が増えた。最近は知り合いからおススメ家電を聞かれる」と放送後の“需要拡大”にしたり顔。アニメ『機動戦士ガンダム』について語り合う実験企画『ガンダム芸人』代表の土田晃之も「どんどんガンダム色が強くなって、今度『ガンダム』の本を出すことになった。よく(ガンダムの権利元の)サンライズがOKを出したなと思う」とニッコリ。

 さらに、どん底の芸能生活から同番組を通じて“毒舌あだ名芸人”として再ブレイクした有吉も「“クソ上がり”さんの『クソトーーク』に出させてもらって良かった。人の悪口言ってるだけなのに」と感慨深げ。そんな有吉から“おしゃべりクソ野郎”という有難くないあだ名を命名された品川は「最近では“おしゃクソ”って略される始末。しかもウチの母親にまで“出しゃばりクソババア”って付けられた」と愚痴をこぼし会場を盛り上げた。

 会見終了間際には、深夜30分枠時代にレギュラー出演していた山崎が真っ赤なセクシーランジェリーを身に付け突如乱入。現在レギュラー出演していない山崎は「オレの公式プロフィールには『ガキの使い』と『アメトーーク』って書かれてるんや!」と憤慨し、強引にオリジナルダンスを踊り会場の失笑を買った。一級品の“スベリ芸”を披露した山崎に対し、有吉が吐き捨てるように「実力不足」とあだ名を命名すると、宮迫博之は「あー腹痛い。アンタいったい何しにきたんや」と満足気な表情で尊敬する先輩芸人の“生き様”を見つめていた。

 『アメトーーク』DVDは、3月25日(水)に3巻同時発売。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000003-oric-ent



人気ブログランキング Bsブログランキング


クリスティン・クルック 『ストファイ』ゲームの衣装で格闘はムリ!? 

春麗を演じる米新鋭女優、『ストファイ』ゲームの衣装で格闘はムリ!?

海外でも爆発的な人気を誇る日本の格闘ゲーム『ストリートファイター』が、人気No.1キャラクターの春麗(チュンリー)を主人公にハリウッドで実写映画化された。その『ストリートファイターザ・レジェンド・オブ・チュンリー』(2月28日公開)では、米新鋭女優のクリスティン・クルックが体当たりで主人公を好演している。

日本だけでなく、80~90年代にかけて北米でも若者たちの支持を集めていた格闘ゲーム『ストリートファイター』。82年生まれのクルックは、自らはあまりゲームをしなかったものの、友人たちが遊んでいたのを覚えているという。日本ではゲームファンから絶大な人気を誇るそのチュンリーの役にも、自然体で挑んだ。

「役のお話をいただいたときに、日本の人気ゲームの映画化作品ということは知っていました。これまでにもドラマ『ヤング・スーパーマン』のヒロインなど、人気のあるキャラクターを演じてきていますが、そのことで特別なプレッシャーを感じたことはありません。アクション映画なので楽しみにしていました」

 ゲームのチュンリーは青いセクシーなチャイナドレスを身に着けているが、残念ながら劇中ではその衣装はみられない。

「とてもピッタリとフィットしていて美しいんですけどアクション向きではないですよね(笑)。映画のなかではハーネスを付けたり、敵と激しく戦ったりしますが、その衣装ではできないので……。オマージュとしてその雰囲気がある衣装は着ていますのでお楽しみに(笑)」

 本作では、幼少の頃から大人になるまでのチュンリーの成長する姿が描かれる。チュンリーは、愛する父親、家族への思いを胸に秘め、自らの復讐と虐げられる人々のために戦う。クルックはそんな彼女をどういう女性と理解し、なにを感じて演じていたのだろうか。

「情熱的で強い女性です。とくに貧しい人たちに対してとても優しく、彼らを守ろうという強い意志があります。私は、女優として新しいキャラクターを演じるときは、その役柄になりきって、感じていることをそのまま演じようと思っています。この役のために特別に何か新しいことはしていないのですが、チュンリーが感じている怒り、憤りは格闘のシーンに現れていると思います」

 そして、この映画を通して女優として身に付けたこと、この先も活躍し続けるために必要なこととは。

「自分がとても強くなったと思います。(この役を演じてから)自分が信じていることについて、立ち上がろうという気持ちが強くなりました。なので、私にとって今回の経験はとても大事なものです。女優にとってまず必要なのは勇気を持って前に進むこと。それから人とのつながりをずっと作り続けること。そして、仕事をとてもとても楽しむこと。10人の前で演じるときも、大きなステージで大勢の人の立つときも、とにかく今やっていることを楽しむことが大切だと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000010-oric-ent


クリスティン・クルック 画像
クリスティン・クルック 画像
クリスティン・クルック 画像
クリスティン・クルック 画像
クリスティン・クルック 画像



「ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」主演クリスティン・クルックを直撃

[eiga.com 映画ニュース] 87年の第1作の発表以来、対戦格闘ゲームのスタンダードとしてファンを魅了してきた「ストリートファイター」シリーズ。同シリーズの中でも抜群の人気を誇るキャラクター、中国の美人格闘家・春麗(チュンリー)が遂に実写映画になった。バイソン、バルログ、ベガ、元といったキャラも出演の「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」で、春麗役として見事なアクションをキメたクリスティン・クルックに話を聞いた。

82年生まれ、カナダ出身のクルックは今回が初来日。父親がオランダ系、母親が中国系と、エキゾチックな雰囲気を感じさせる彼女は、大きな瞳を輝かせながら撮影を振り返る。「アクションは初体験だったけれど、とても楽しかったわ。ワイヤーアクションをこなせたのも、子供の頃に体操と空手を習っていたのがすごく役に立ったと思う。ただ、アクション監督のディオン・ラム(『マトリックス』3部作等に参加)が完璧主義者で、技がキマるまで同じ動きを何度もやらされちゃった(笑)」

 撮影開始の5週間前から、スタントチームとバンコクに入り、アクションのトレーニングを積んだという彼女。それは週に5日間、1日4時間に及んだという。「監督含めて全員が意識していたのは、“この作品はアクションが本物でなければ成立しない”ということ。だから見どころは、とにかくファイトシーン! 春麗とライバルたちのバトルシーンをぜひ見てほしい。何といってもこれは『ストリートファイター』の映画なんだから」

 裕福な家庭で育った令嬢が、なぜ路上で闘うファイターとなるのか? 劇中では、ゲームの“エピソード0”的な物語が展開されていく。「アクション映画としてはもちろん、ゲームのファンはぜひ彼女のバックグラウンドを楽しんでほしい。ゲームの最新作(『~IV』)も発売されたばかりでしょ? すごいタイミング、まさにプラン通りよね(笑)」

 「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」は、2月28日より全国公開。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000007-eiga-movi

人気ブログランキング Bsブログランキング


月別 話題をさらった方々
タグ一覧

石川梨華 ブラッド・ピット 横山めぐみ ケリー・リン 平愛梨 立花麻理 アッキーナ 林志玲 星野真里 菅原禄弥 遠藤裕美 高橋美樹 齋藤由季子 川口悠子 滝口ミラ 緒川たまき マイリー・サイラス 竹内結子 セシリア・チャン 綾瀬はるか 鈴木亜美 ケイト・ウィンスレット 陽子 宮田麻里乃 アイドル 川合千春 ほしのあき 戸田恵梨香 熊田曜子 叶恭子 辰巳奈都子 真木よう子 松坂南 小向美奈子 鈴木保奈美 クリステン・ベル 浅田真央 アンジェリーナ・ジョリー ジェシカ・シンプソン 水樹奈々 マリサ・ミラー マドンナ 天海祐希 成海璃子 アン・ハサウェイ さとう珠緒 奈々さん 華流 上野樹里 小日向しえ マンディ・ムーア 浅田舞 蛯原友里 ケイティ・ホームズ 菅野美穂 安室奈美恵 ケイト・ベッキンセール ジョナス・ブラザーズ 南まりか 伊能静 KAT-TUN 小林由佳 古閑美保 鈴木京香 森理世 平野綾 新垣結衣 ヌード 松下奈緒 フリーダ・ピント 深田恭子 内田有紀 南沢奈央 ジェニファー・アニストン 梅宮アンナ ブリタニー・マーフィ 石原さとみ 女子ゴルフ リンジー・ローハン F4 宮崎あおい 小倉弘子 ヴィック・チョウ 時事ニュース 潮田玲子 and マギー・ウー オリビア・サンダース 真矢みき キムヨナ イエ・シーチー スカーレット・ヨハンソン 相澤仁美 大島麻衣 沢本あすか 加護亜依 佐々木希 美女木ジャンクション 大澤美諭季 中野友加里 海外ニュース 西山茉希 松坂慶子 ニュース 田中千絵 リン・チーリン 藤田 雛形あきこ 柳沢なな 小池里奈 土岐田麗子 小嶺麗奈 涼風花 原紗央莉 ハロプロ 瀬長奈津実 上戸彩 福田沙紀 ナタリー・ディラン シェイ=リーン・ボーン 福田麻由子 ビビアン・スー エヴァ・メンデス 八反安未果 木下優樹菜 谷桃子 福井未菜 金田久美子 攻殻機動隊 テレサ・テン 映画 SHIHO 立石晴香 後藤真希 南明奈 アヤカ・ウィルソン キーラ・ナイトレイ 土屋アンナ まとめ 紺野まひる クワバタオハラ 木村多江 小野真弓 仲間由紀恵 太田莉菜 篠原ともえ 宇多田ヒカル 優木まおみ ミーガン・フォックス グラビア ハチミツ二郎 若槻千夏 小柳ルミ子 宮里藍 川畑要 高島彩 純名りさ Berryz工房 小田有紗 男性タレント 國重友美 フィギュア 藤原紀香 中川翔子 ミュージシャン エマ・ワトソン 高屋敷彩乃 川口春奈 杉本彩 長澤まさみ 安西ひろこ 相武紗季 エド・はるみ グラビア アーティスト 眞鍋かをり アニメ 韓流 ともさかりえ 田中麗奈 桐谷美玲 蒼井そら 山口百恵 檀れい 宮地真緒 ナオミ・ワッツ 谷村奈南 安達祐実 時東あみ ヴァネッサ・パラディ イ・ヨンドゥ チャン・ツィイー 沢尻エリカ 中島史恵 リサ・コンネル ヴァネッサ・ハジェンズ 熊谷麻衣子 ペネロペ・クルス 中野美奈子 前田愛 飯田圭織 諸岡奈央 国民的美少女コンテスト 結城リナ アーティスト 菅山かおる 大沢あかね 芸人 広末涼子 藤本美貴 美里ゆう 福原愛 貫地谷しほり スザンヌ アルパカ 石井めぐる 美月あかり 秋山莉奈 オグシオ 安田美沙子 女子アナ 吉高由里子 釈由美子 芸術 SEGA ソフィア・ローレン 平子理沙 上田桃子 夏川結衣 黒木メイサ 高梨臨 西川史子 本田理沙 ケミストリー 水川あさみ モエヤン アイェレット・ゾラー 草刈民代 バドミントン 深津絵里 井上真央 森由佳 クリスティン・クルック ベッキー ニコール・キッドマン 岩崎恭子 滝川クリステル お笑い 松葉れいな 真琴つばさ 中村静香 葉熙祺 安藤美姫 愛原実花 片瀬那奈 ゲーム しゅごキャラエッグ! ジェリー・イェン 永瀬はるか ユッキーナ ジリアン・チョン 関めぐみ 川崎衣美子 ブリトニー・スピアーズ 井川遙 尾形沙耶香 安めぐみ 知花くらら フィギュアスケート 藤川ゆり 石田美穂子 山本モナ 青田典子 金澤美穂 ミシェル・ウィ うえむらちか ASKA Asami チョン・リョウォン キーリー・ヘイゼル CHAGE 金妍児 南明菜 女優 藤川優里 仲里依紗 滝川綾 春菜はな 松浦ひろみ サルマ・ハエック 林丹丹 あまのまい 亀田興毅 NARUTO 米倉涼子 井上舞妃子 柳生みゆ 声優 デミ・ムーア 夏木マリ 金原あすか 辻希美 スキャンダル 小原正子 吉井怜 松本アキ サッカー リー・ビンビン くわばたりえ 動物 富樫直美 香里奈 秦れい モデル 

ランキング
ページビューランキング

フィードメーター - あの人はこんな方
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。