fc2ブログ

あの人はこんな方

今話題の著名人・タレントの画像、動画を掲載中
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06
仲間達の話題
タブをクリックで話題を選べます
Loading


テレビCM ベッキーが起用される理由は? 

<テレビCM>今年は何がブレイク? ベッキーが起用される理由は?

100年に1度」と言われる不況に襲われた昨年。世相を反映すると言われるテレビCMはどんな作品が放送されたのだろう。またオバマ氏が米大統領に就任し本格的に変革の時代を迎えそうな今年、CMもCHANGEするだろうか? 広告とマーケティングの専門誌「宣伝会議」(毎月1、15日発売)などを発行する宣伝会議の田中里沙編集室長に聞いた。

景気悪化の影響か、各企業ともCMを流す本数は減っています。それでもインパクトを持たせてCMは目立たせたい。そこで存在感が大きな目立つ人を起用しがちです。ここでも「勝ち組」に集中している感じですね。

 企業が求めるのは、自分の個性や考えをきちんと表現しているクリエーティブなイメージのタレント。視聴者に商品を知ってもらうだけでなく、できれば一歩進んで好きになってもらいたい。だから当たり障りのないきれいな人よりも、情報があふれる今の時代にきちんとメッセージを伝えてくれる人が好まれます。

 例えばランキングに入っている玉木宏や妻夫木聡。女性では堀北真希、上戸彩、相武紗季、宮崎あおい。昔だと起用をためらったような力強い個性を感じる人たちです。バラエティー番組などでそのキャラクターが知られるようになったベッキーもそうした一人と思います。誰とでもすぐ打ち解けられるのに、芯はぶれない。時代の閉塞(へいそく)感を突き破ってくれそうな明るく、アクティブなイメージでさらに活躍の場を広げそうです。昨年の大河ドラマ「篤姫」に出演していた瑛太も今後起用が増えるのではないでしょうか。

 もう一つの傾向は、山口智充や世界のナベアツ、エド・はるみらお笑いタレントの出演が一昨年に続き多かったこと。テレビで最近、若手がネタを披露する番組が増えていて、露出が増えた分勢いがあるのでしょう。逆に、昔は多かったデビューしたばかりのフレッシュなアイドルやスポーツ選手を起用するケースは減っている気がします。

 作品では、資生堂が「オダギリジョー 資生堂に就職」として実際に会社や工場でロケしたCMを55パターン作ったり、オンワード樫山が菅野美穂を起用したファッションブランド「23区」のCMを春夏用は46、秋冬用は23パターン作ったのも注目されました。テレビでは一部しか放送せず、サイト上ですべてを公開して、テレビとネットの連動も図っていました。

 ただ余裕がある会社でないとそうした展開は難しいのも確かです。かつてはCMから流行語が生まれましたが、今はCMだけで社会現象を作るのは困難。そのため放送開始前に記者会見を開きCM自体を宣伝したり、その時点の社会現象を取り込んでその勢いに乗っかったり。昔の宣伝部はCMが流れるとほっとするという感じでしたが、最近は放送期間中も世の中の反応を見てせりふなどを手直しした新しいバージョンを投入することは普通になりました。

同じ世界観を長く展開企業戦略も「循環型」に

 今年は「環境」に関するCMがさらに増えそう。「循環型社会」などの言葉は「エコ」に比べると、まだあまり一般には浸透していません。企業もそうした新しい価値観と存在感をCMを通して広めていくと思います。

 同時に企業のマーケティング戦略も「循環型」に変わりつつあります。商品を売って終わりじゃなく、お客様と長く深く付き合う時代。かつてはキャンペーンごとにCMが全く違ったイメージに変わったりしましたが、それでは一度作ったブランドイメージが消えてしまいます。

 短い時間で勝負するCMでは難しい面もありますが、同じ世界観のCMを長く展開するなど、そういう思考はすでに出てきています。起用するタレントは、今回のランキングに並んだような発信能力が高い人がますます重宝がられそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090102-00000008-maiall-ent

------------------------------------------------------

こんな時代だからこそ、世間との一体感を呼ぶような商品が注目されるんですね。

ベッキー 画像1
ベッキー 画像2
ベッキー 画像3
ベッキー 画像4
ベッキー 画像5
スポンサーサイト




人気ブログランキング Bsブログランキング


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
月別 話題をさらった方々
タグ一覧

南明奈 松坂南 太田莉菜 ミシェル・ウィ 伊能静 新垣結衣 立花麻理 クワバタオハラ 映画 ともさかりえ 石原さとみ 永瀬はるか 眞鍋かをり 金田久美子 松下奈緒 アーティスト 飯田圭織 竹内結子 岩崎恭子 ASKA 中島史恵 フィギュアスケート 松坂慶子 吉高由里子 キーリー・ヘイゼル 諸岡奈央 檀れい 福原愛 安室奈美恵 クリステン・ベル 宮地真緒 ブラッド・ピット モエヤン 石川梨華 若槻千夏 ヴィック・チョウ 芸術 ブリトニー・スピアーズ 芸人 夏木マリ 相澤仁美 デミ・ムーア 井上舞妃子 テレサ・テン 綾瀬はるか 山口百恵 エヴァ・メンデス 内田有紀 瀬長奈津実 ヴァネッサ・ハジェンズ 大澤美諭季 ケイティ・ホームズ 本田理沙 葉熙祺 時事ニュース 辰巳奈都子 宮崎あおい 青田典子 松葉れいな 女子ゴルフ 華流 イエ・シーチー 佐々木希 優木まおみ 安西ひろこ シェイ=リーン・ボーン 小林由佳 長澤まさみ ニュース イ・ヨンドゥ 小田有紗 松浦ひろみ リンジー・ローハン 美女木ジャンクション Berryz工房 エド・はるみ 西山茉希 沢本あすか 秦れい 中野友加里 Asami 田中麗奈 加護亜依 アッキーナ SEGA ジリアン・チョン 藤本美貴 深津絵里 リー・ビンビン セシリア・チャン アニメ 時東あみ 平野綾 ナオミ・ワッツ 木村多江 アイェレット・ゾラー 声優 宇多田ヒカル オグシオ 林志玲 夏川結衣 チャン・ツィイー 水川あさみ 金妍児 小日向しえ 蛯原友里 春菜はな キーラ・ナイトレイ 結城リナ F4 緒川たまき 川口春奈 サルマ・ハエック ヌード 菅原禄弥 しゅごキャラエッグ! フリーダ・ピント ヴァネッサ・パラディ 平子理沙 ほしのあき 大沢あかね 蒼井そら 遠藤裕美 小柳ルミ子 成海璃子 ハチミツ二郎 横山めぐみ 潮田玲子 安達祐実 ミーガン・フォックス 女子アナ お笑い 秋山莉奈 桐谷美玲 藤川優里 松本アキ 柳沢なな 高島彩 片瀬那奈 涼風花 鈴木保奈美 沢尻エリカ 釈由美子 女優 ブリタニー・マーフィ 貫地谷しほり 前田愛 ケリー・リン オリビア・サンダース 黒木メイサ リン・チーリン 木下優樹菜 ジェニファー・アニストン マドンナ 山本モナ 香里奈 ミュージシャン 中川翔子 ゲーム 谷村奈南 大島麻衣 SHIHO 純名りさ 知花くらら 石田美穂子 森理世 西川史子 上野樹里 菅山かおる 井川遙 梅宮アンナ 国民的美少女コンテスト ケイト・ベッキンセール 鈴木亜美 小向美奈子 宮田麻里乃 藤田 高橋美樹 浅田舞 杉本彩 宮里藍 海外ニュース マイリー・サイラス 広末涼子 CHAGE 浅田真央 マリサ・ミラー 川口悠子 後藤真希 真矢みき 韓流 関めぐみ 金原あすか アンジェリーナ・ジョリー 真木よう子 滝口ミラ 田中千絵 ベッキー キムヨナ 南まりか 仲里依紗 上戸彩 中野美奈子 KAT-TUN ケイト・ウィンスレット 雛形あきこ 紺野まひる 水樹奈々 リサ・コンネル 藤原紀香 齋藤由季子 ソフィア・ローレン ジェシカ・シンプソン 美月あかり マンディ・ムーア フィギュア 愛原実花 ナタリー・ディラン 草刈民代 森由佳 南沢奈央 天海祐希 石井めぐる 川合千春 動物 熊谷麻衣子 尾形沙耶香 藤川ゆり 南明菜 小嶺麗奈 真琴つばさ 仲間由紀恵 叶恭子 美里ゆう 星野真里 ジェリー・イェン まとめ マギー・ウー 原紗央莉 小倉弘子 土屋アンナ モデル スザンヌ ペネロペ・クルス 高梨臨 谷桃子 富樫直美 クリスティン・クルック スキャンダル 相武紗季 ユッキーナ 土岐田麗子 陽子 ハロプロ 國重友美 立石晴香 篠原ともえ and 男性タレント うえむらちか 中村静香 スカーレット・ヨハンソン アルパカ 小野真弓 川畑要 小池里奈 福井未菜 滝川綾 チョン・リョウォン バドミントン 平愛梨 安田美沙子 くわばたりえ アン・ハサウェイ ジョナス・ブラザーズ 小原正子 ケミストリー 古閑美保 辻希美 グラビア アーティスト 井上真央 ビビアン・スー 川崎衣美子 エマ・ワトソン さとう珠緒 NARUTO 金澤美穂 米倉涼子 深田恭子 アイドル ニコール・キッドマン 上田桃子 熊田曜子 八反安未果 福田沙紀 あまのまい 安藤美姫 滝川クリステル 林丹丹 菅野美穂 亀田興毅 奈々さん アヤカ・ウィルソン 鈴木京香 安めぐみ 福田麻由子 サッカー 攻殻機動隊 吉井怜 グラビア 柳生みゆ 高屋敷彩乃 戸田恵梨香 

ランキング